耳寄りな話

Home > 耳寄りな話 > 「がん」に対して子どもたちは・・・

耳寄りな話

NPO関係者のがんに対するたたかいの想いや感想を発信いたします。

「がん」に対して子どもたちは・・・

当法人理事・東大の中川先生が母校・暁星高校の生徒に「がん」についての講義をしたという記事が日経・読売新聞に掲載されました。
同世代の子どもを持つ身として、またがん患者をかかえる身として、理解してほしいという気持ちはとても強くあります。がんという病気を理解することもそうですが、中川先生が尽力なさっている緩和ケアということにも眼をむけてほしい、その中で家族としてできることを考えてほしいと思いました。
遊び盛りの子どもたち、自分の予定が先行します。まして同居していないと、何が不自由なのか、現在世話をしている人が何に困っているのか・・・と「想像する」ことすら難しくなっているのが現状ではないでしょうか。
中川先生がおっしゃる通り、「生と死の意味を考える」機会を与えられることはとても重要だと思います。今回の中川先生の講義もそういった意味でとても貴重な経験だと思います。この講義を機に進路を見つけられることもありがたい事だと思いますし、「心と体にやさしいがん治療」に向けてどういう方向・スタンスであれ、かかわってくれる人が増えていくことを期待しております。またがん治療に関わる先生方がこのような講義をしてくださること、また各校がこのような取り組みを考えてくださることを節に希望します。